読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【スポンサーリンク】

名古屋

3月末に名古屋に行ってきました。過去の記事で一日目の日記の続きになります。一日目は箱根の山でまさかの雪に降られてとてもとても大変でした。自転車のチャリ旅史上トップクラスの修羅場でした。流石にロードバイク乗っているときに雪は焦りました。たたでさえスリップしやすく、バランスを取ることが難しいロードバイク。雪なんぞ降られたらかなり不安になります。またせっかく登った山を気持ちよく下ることもできません。箱根の山を登り、雪が降ってきたあたりでたまたま地元の方が経営してる道の駅がありました。道の駅でひとまず休憩をすることにしました。流石に雪が降ってるなかどこまで続くかわからない坂を登り続けるのはしんどかったです。道の駅はどうやら家族で経営してらっしゃるみたいで厨房をおじいさんが担い、ホール的な役割をお母さんと二十歳前後の娘さんが二人でこなしていました。娘さんがとても優しく、濡れたグローブやヘルメットをストーブの前に並べてくれて乾かしてくれました。メニューは色々ありましたが味噌おでんを注文しました。450円。大根なんどがあるノーマルな味噌おでんを想像していましたが、なんとこんにゃくしか入っていませんでした。なかなかびっくりしました笑でも味はとっても良かったです。味噌は甘めでした。美味しい以外にもやはり身体を暖められたことが大きかったように感じています。道の駅であとどのくらい登りますかねーなんてお話をしてたらまだまだ上るわよなんて言われて絶望に沈みました。雪は止んでいませんが道の駅の営業時間が17時までなので出発することにしました。名古屋まで行くと行ったらとても応援してくれて嬉しかったです。人との出会いは一人旅の醍醐味ですよね。しばらく走ってたら路面がうっすらと白くなるくらい雪が積もりました。走っていてもときどき、シャリシャリシャリと音が鳴ったりして怖かったです。途中で道を間違えて小田原に帰りそうになったりもしましたがGoogle先生に道を確認していたら序盤で気づけて大きな問題にはなりませんでしたが山道は別れ道が多くて怖いですね。今までどんなに上ってもなかなか下りになりませんでしたが国道1号線の最高地点である897mに到達しやっと全て下りになりました。本日の目標の半分しか走っていませんが感無量でした。国道1号線の最高地点が約1000mっての事実にもなかなか驚かされました。富山に行ったことがあるのですがそのときは1800mくらいの山を登ったことがあるのですが今回は一人旅かので気持ち的にはかなり厳しく、辛かったです。次回は下りから静岡駅編です。続く。