読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OB戦

今日は部活のOB戦だった。今年卒業するのは10期生だ。自分は6期せいなので全く知らない子もたくさんいた。卒業し4年になるにも関わらずいまだに声をかけてもらえることはほんとにありがたいことである。自分たちは25分の試合を3本やらせていただいた。最初1本で結構しんどくなってしまった。自分の衰えに毎回悲しくなる。でも週に何回かバリに向けてのダイエットでランニングをしていたので、走れなくなることはことはなかった。即席でつくったチームなのでⓅ事象んもバラバラでしかも明確に決まっていないのでなかなか大変な部分もあったが最高に楽しめた。1回、千才一隅のチャンスがあったが外してしまったのがとても悔やまれる。現役の時にはできていた動きや、こいつあんまりうまくないと感じた相手にマッチアップで負けてしまうのは心底悔しかった。でも今から猛練習しても現役のころや大学2年生の頃のテクニックやシュート技術はとても戻りそうにない。なんだか悲しいけども大学でサッカーよりも夢中になることが多かったある程度諦めはついている。サッカーやフットサルが下手になった要因の一つとしては高校生のころとは違い、プレーするのに毎回1000円以上お金を取られるようになったことが大きな要因の一つだと考えている。今もそうだが自分はかなりドケチなので2時間のフットサルにお金払えねーよって考えていた。学生の一人暮らしはお金のことが頭から離れなくなる。話がそれたが今回のOB戦はほんとに楽しかった。教育実習で教えた生徒にもたくさん会うことができてよかった。これからは機会があればOB戦だけでなく大会の応援などにも参加したいと考えている。OB戦のあとは同期のメンバーとお昼ご飯を食べにいった。サラダを2つ頼む健康志向な注文をした。昔話やこれからの進路で話に花が咲いた。ランチの後はおのおの解散した。自分はブックオフに立ち読みをしに行った。最近ブックオフでの立ち読みにはまっている。読みたい漫画がたくさんあるのでブックオフには最近大変お世話になっている。このまえ立ち読みしたときにエリアの騎士にはまったため今日もまたエリアの騎士を読もうと思ったのだが隣にあった君のいる町が気になったので読んでしまった。恋愛系の漫画だが一巻に1シーンほどお色気シーンがある漫画だった。自分は読むのが超絶遅いのだがパラパラ読んでいたら1~16巻まで4時間で読んでしまっていた。結構純愛系の漫画だと思っていたが12巻あたりから急にドロドロし始めて主人公の彼女が結構かわいそうな感じになっていた。そんなこんなで帰宅してしまったので少し胸糞悪い感じがする。ザックリ説明すると高校の時に好きだった子に高校時代は猛アピールされていたが、転校を機に遠距離恋愛になり、おっかけて上京するが、振られて一悶着あり、吹っ切れることになる。大学に入り上京先の高校の同級生と付き合うことになり、平穏な日々を過ごすが、主人公が謎におんなとの交友関係が広がっていき彼女が寂しい思いをすること増えていく。彼女が我慢していたが夏休みにお互い実家に帰るタイミングで一回吹っ切れた高校の時に好きだった人から告白され、やっぱりその子が好きだとなり、彼女を振るという展開だ。彼女を振ったタイミングで主人公は友人も失うという悲しい展開だ。少し続きが気になるのでまたブックオフで読もうと思う。