【スポンサーリンク】

睡眠不足は飲酒状態と同じ!?運動前は十分な睡眠をとれ!

f:id:snowboarderblog:20160208234504j:plain

突然ですが、あなたは毎日、充分な睡眠をとれている自身がありますか? 毎日充分な睡眠をとっている方もいれば、勉強や仕事で睡眠が十分にとれない方もいらっしゃるかと思います。

最近の研究では睡眠不足が意外と危険であるということが判明しつつあります 今回はその睡眠不足と運動の関連性について紹介し行きたいと思います。

目次

睡眠の重要性

f:id:snowboarderblog:20160208234435j:plain

・脳と体の疲れを取る 肉体労働などで体を酷使していないデスクワークの人でも、人の脳は常に活発に活動し、沢山のエネルギーを消耗しています。 その疲れを取るために睡眠が必要です。 脳の疲れを取るには、体のそれよりも数倍の睡眠が必要だとも言われている程です。 疲れた日ほど睡眠に時間を回せると良いですね。

・ストレスの解消 ストレスを感じる状態は、脳がつかれている状態であるとも言えます。 睡眠は疲れた脳を休ませることができるため、睡眠は非常に効果的なストレス解消法です。 睡眠が慢性的に不足すると、ストレスが徐々にたまり、うつ病をはじめとする精神疾病や、不眠症などの睡眠障害を発症することにもつながります。 あれこれとストレス解消法を探している人は睡眠を充分に取ることから始めるといいでしょう。

・体の成長や老化の防止 睡眠中は成長ホルモンが分泌される貴重な時間です。 成長ホルモンは、入眠後に現れるノンレム睡眠時に特に多く分泌されます。 成長期など、体が大きくなる時期には睡眠をよく取り、成長ホルモンを沢山分泌させることが成長の秘訣です。 背が伸び悩んでいるいるそこの君!夜更かしをやめてたくさん寝るんだ!

また、成長ホルモンには、大人にとっても重要で、古くなった肌や怪我、その他体組織の修復・再生、脂肪を燃焼させる働きなどがあるため、質の良い睡眠を取ることで、若さを維持する事、老化の防止にも役立ちます。

・病気の予防 睡眠時に骨髄では白血球、赤血球、リンパ液などが生産され、血行が促進されることにより、体が持つ病気や病原体への抵抗力や免疫力を高める働きもあります。

また、眠ることで全身に血液を送るポンプであり、常に動き続けている心臓の負担を下げ、心臓を休ませることもできます。 よく眠ることで、新しい血液を作り、代謝を促す成長ホルモンが分泌され、心臓も休ませることが出来るため、様々な病気の予防になります。

・記憶の定着・学習効果の効率化 人の脳は睡眠中に、その日に起こった事や、学習したことを整理し、記憶として留めておく必要がある情報を定着させていると考えられています。 睡眠時に多く出るシータ波には記憶・学習機能が向上する効果があると考えられています。

一般的にノンレム睡眠(深い睡眠)は睡眠直後から発生し、この時成長ホルモンが分泌されます。 レム睡眠(浅い睡眠)は、就寝後、3時間ほど後から周期的に現れるので、記憶を定着させたり、試験やテストの時に学習効果を出すには、少なくとも3時間以上の睡眠が必要だと考えられます。

よく、試験日前に一夜漬けをして、一睡もせず試験に臨む、というような話を聞きますが、これでは記憶が整理されていないばかりか、睡眠慣性が働いてしまい、ボーっとして本来の学習効果が十分に発揮できない可能性があります。

睡眠不足は飲酒運転と同じ

f:id:snowboarderblog:20160208235001p:plain

飲酒運転

お酒を飲んだことある方ならわかると思いますが、ふらふらしたり、ひどい眠気に襲われたりしますよね。 その危険性から法律で厳しく取り締まっていますね。 数値が出ないからいいや、少ししか飲んでないから大丈夫なんてことは絶対にやめましょう。

睡眠不足は飲酒運転と同じ

ペンシルベニア大学ワシントン州立大学が行った実験では、1日平均7~8時間睡眠をとっている健康な男女を48名集め、3つのグループに分けました。 14日後、8時間睡眠のグループに比べると、4・6時間睡眠のグループの注意力が確実に欠如していることがわかりました。 まず、6時間睡眠のグループは、酒に酔っている時と同じような状態になっていたことがわかり、4時間睡眠のグループはテストの途中で寝てしまう人も現れる始末。 さらに興味深いことに、4・6時間睡眠のグループの脳機能は、ある一定のレベルまで落ちて横ばいになるのではなく、時間が立てば立つほど下り続けていきました。 つまり、睡眠不足のダメージは累積されるということがわかったのです。

引用;6時間睡眠は、飲酒状態と同じ?しかも、寝不足の回復には数ヶ月かかることも・・・ | TABI LABO

睡眠時間は6時間で充分と思っていた方も多いとは思いますがそんなことはありません。 まさか自分が飲酒状態と同じだったとは夢にも考えてなかったしょう。しっかりと7~8時間の睡眠を取りましょう。

睡眠不足で運動する危険性

6時間以下の睡眠は飲酒状態と同じであるという研究結果から睡眠不足での運動は非常に危険であることがわかりますよね。 睡眠不足では注意力や集中力の欠如、飲酒状態と同等の状態になります。 そんな状態で素早い判断力が求められるスノーボードロードバイクに乗ることは大変危険です。 ただでさえ高い集中力が求められるスポーツなためしっかりと睡眠が取れなかった日は利用を避けましょう。 自分はなんともなくても事故で他人を巻き込んでしまうこともあります。 交通事故は百害あって一利なしです。 絶対に起こさないよう起こす可能性があることは全て除去していきましょう。

寝すぎもよくない

8時間以上の睡眠を習慣的に行うと、脳に影響を及ぼす可能性あります。 寝ている間は思考が停止しています。 8時間以上の睡眠では思考が止まっている時間が長くなるためアルツハイマーのリスクが上がります。 また成長ホルモンの分泌が乱れるため中性脂肪が分解されず太りやすくなります。

最後に

交通事故は他人を巻き込む可能性があります。 睡眠不足が原因で大けがを負ったり、負わせたりするは嫌ですよね。 運動は自分の健康状態をしっかりと把握したうえで行いましょう。

最後までお読み頂きありがとうございます! もしこの記事がお役に立てば下のSNSのボタンでシェアしたり、B!のボタンを押してくれる励みになります!