読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名古屋

3月末に名古屋に行ってきました。過去の記事で一日目の日記の続きになります。一日目は箱根の山でまさかの雪に降られてとてもとても大変でした。自転車のチャリ旅史上トップクラスの修羅場でした。流石にロードバイク乗っているときに雪は焦りました。たたでさえスリップしやすく、バランスを取ることが難しいロードバイク。雪なんぞ降られたらかなり不安になります。またせっかく登った山を気持ちよく下ることもできません。箱根の山を登り、雪が降ってきたあたりでたまたま地元の方が経営してる道の駅がありました。道の駅でひとまず休憩をすることにしました。流石に雪が降ってるなかどこまで続くかわからない坂を登り続けるのはしんどかったです。道の駅はどうやら家族で経営してらっしゃるみたいで厨房をおじいさんが担い、ホール的な役割をお母さんと二十歳前後の娘さんが二人でこなしていました。娘さんがとても優しく、濡れたグローブやヘルメットをストーブの前に並べてくれて乾かしてくれました。メニューは色々ありましたが味噌おでんを注文しました。450円。大根なんどがあるノーマルな味噌おでんを想像していましたが、なんとこんにゃくしか入っていませんでした。なかなかびっくりしました笑でも味はとっても良かったです。味噌は甘めでした。美味しい以外にもやはり身体を暖められたことが大きかったように感じています。道の駅であとどのくらい登りますかねーなんてお話をしてたらまだまだ上るわよなんて言われて絶望に沈みました。雪は止んでいませんが道の駅の営業時間が17時までなので出発することにしました。名古屋まで行くと行ったらとても応援してくれて嬉しかったです。人との出会いは一人旅の醍醐味ですよね。しばらく走ってたら路面がうっすらと白くなるくらい雪が積もりました。走っていてもときどき、シャリシャリシャリと音が鳴ったりして怖かったです。途中で道を間違えて小田原に帰りそうになったりもしましたがGoogle先生に道を確認していたら序盤で気づけて大きな問題にはなりませんでしたが山道は別れ道が多くて怖いですね。今までどんなに上ってもなかなか下りになりませんでしたが国道1号線の最高地点である897mに到達しやっと全て下りになりました。本日の目標の半分しか走っていませんが感無量でした。国道1号線の最高地点が約1000mっての事実にもなかなか驚かされました。富山に行ったことがあるのですがそのときは1800mくらいの山を登ったことがあるのですが今回は一人旅かので気持ち的にはかなり厳しく、辛かったです。次回は下りから静岡駅編です。続く。

ウィスキー

最近、ウィスキーにはまっている。元々かなり好きだったが最近は寝る前に飲むのが習慣になりつつある。昨日、飲んだウィスキーは山崎だ。炭酸水で割ってハイボールにしていただいた。山崎もなかなか好きだが白州や知多も好きだ。味の違いを細かく説明することは難しいが白州は少しフルーティーで飲みやすい。女性からも人気が出そうだ。そんな白州だが12.18.25年ものと通常の白州の4種類があるらしい。通常のものは700mlで4000円だが、年代物になってくるとおよそ倍以上の金額になる。12年の白州がより、フルーティーでキレがあるとサントリーのホームページに書いてあったので是非一度飲んでみたい。ミニボトルが1200円くらいで売っているのだが50mlしか入っていない。50mlでは2-3日で無くなってしまうため、流石に買うことができない泣50mlではコストパフォーマンスが悪い。来月は白州の12年ものを買うために少しバイトを増やすか悩んでしまう。一人暮らしの学生が晩酌のために白州の12年ものを買うだなんてとんだ贅沢である笑。クオリティーオブライフをあげていきたい。だから少しありかなと考えている。知多はしっかりと飲んだことがないので飲んでみたい。ウィスキーに詳しくなりたいのである。そう思ったことにはやはりしっかりとした理由がある。最近、年上のかたと飲みの席につくことが非常に多い。その時、とりあえず生のあとは徐々にハイボールに変わってゆく。自分がハイボールやウィスキーが好きだということももちろんあるがそれだけではなく自分の見聞を増やすことでウィスキーが好きな年上のかたとの会話を盛り上げることができるのではないかとおもっている。私は飲みの席は非情に重要だと考えている。なんと言ってもノミニケーションというワードが存在するくらいだからだ。飲み会の席では普段、あまり話すことができない自分よりも目上の方と話すことができるまたとない機会である。そのためそこでアピールすることができれば目上の方に気に入られてその組織で自分が生きやすくなる可能性が高いからだ。また、飲み会の席で何かのお偉いさんに出会うこともあるかもしれない。これは自分を売り込むまたとない絶好の機会である。お酒の席であれ、こんな人いたなーなんてお偉いさんに覚えてもらえればどこかで美味しい話をいただけることがあるかもしれない。また目上の方からのお酒のお誘いを断らずしっかり誘いにのり話すことができればこれもまた好感度があがること間違いない。しかしお酒の席にも有利不利、向き不向きがあることも事実である。お酒が飲めない人はやはり飲みに誘われにくくなってしまうとおもう。こればっかりは仕方がない。お酒が飲みたいのに飲めない人を誘ったら飲めないからだ。また、お酒はトレーニングしても絶好に強くならない。お酒は遺伝である。お酒は努力でどーにもならない完全なる才能である。 色々と話がそれたがウィスキーが好きなので色々なウィスキーを買いたいと思っている。

OB戦

今日は部活のOB戦だった。今年卒業するのは10期生だ。自分は6期せいなので全く知らない子もたくさんいた。卒業し4年になるにも関わらずいまだに声をかけてもらえることはほんとにありがたいことである。自分たちは25分の試合を3本やらせていただいた。最初1本で結構しんどくなってしまった。自分の衰えに毎回悲しくなる。でも週に何回かバリに向けてのダイエットでランニングをしていたので、走れなくなることはことはなかった。即席でつくったチームなのでⓅ事象んもバラバラでしかも明確に決まっていないのでなかなか大変な部分もあったが最高に楽しめた。1回、千才一隅のチャンスがあったが外してしまったのがとても悔やまれる。現役の時にはできていた動きや、こいつあんまりうまくないと感じた相手にマッチアップで負けてしまうのは心底悔しかった。でも今から猛練習しても現役のころや大学2年生の頃のテクニックやシュート技術はとても戻りそうにない。なんだか悲しいけども大学でサッカーよりも夢中になることが多かったある程度諦めはついている。サッカーやフットサルが下手になった要因の一つとしては高校生のころとは違い、プレーするのに毎回1000円以上お金を取られるようになったことが大きな要因の一つだと考えている。今もそうだが自分はかなりドケチなので2時間のフットサルにお金払えねーよって考えていた。学生の一人暮らしはお金のことが頭から離れなくなる。話がそれたが今回のOB戦はほんとに楽しかった。教育実習で教えた生徒にもたくさん会うことができてよかった。これからは機会があればOB戦だけでなく大会の応援などにも参加したいと考えている。OB戦のあとは同期のメンバーとお昼ご飯を食べにいった。サラダを2つ頼む健康志向な注文をした。昔話やこれからの進路で話に花が咲いた。ランチの後はおのおの解散した。自分はブックオフに立ち読みをしに行った。最近ブックオフでの立ち読みにはまっている。読みたい漫画がたくさんあるのでブックオフには最近大変お世話になっている。このまえ立ち読みしたときにエリアの騎士にはまったため今日もまたエリアの騎士を読もうと思ったのだが隣にあった君のいる町が気になったので読んでしまった。恋愛系の漫画だが一巻に1シーンほどお色気シーンがある漫画だった。自分は読むのが超絶遅いのだがパラパラ読んでいたら1~16巻まで4時間で読んでしまっていた。結構純愛系の漫画だと思っていたが12巻あたりから急にドロドロし始めて主人公の彼女が結構かわいそうな感じになっていた。そんなこんなで帰宅してしまったので少し胸糞悪い感じがする。ザックリ説明すると高校の時に好きだった子に高校時代は猛アピールされていたが、転校を機に遠距離恋愛になり、おっかけて上京するが、振られて一悶着あり、吹っ切れることになる。大学に入り上京先の高校の同級生と付き合うことになり、平穏な日々を過ごすが、主人公が謎におんなとの交友関係が広がっていき彼女が寂しい思いをすること増えていく。彼女が我慢していたが夏休みにお互い実家に帰るタイミングで一回吹っ切れた高校の時に好きだった人から告白され、やっぱりその子が好きだとなり、彼女を振るという展開だ。彼女を振ったタイミングで主人公は友人も失うという悲しい展開だ。少し続きが気になるのでまたブックオフで読もうと思う。

睡眠の力

一日の適切な睡眠時間は6~8時間だ。しかし私は基本的に3~4時間しか寝ていない。ここ最近思ったが睡眠時間は思いの他日々の生活の質に関与してくると感じている。睡眠時間が少ない日は日中頭が冴えないし、回らない。そのため思いもしないミスを連発してしまったりしてしまう。また頭が冴えているときにわかっていたことがわからなくなっていたりする。3~4時間しか寝ない日が続いていた日常だが、たまたま8時間寝れた日があった。その日はほんとにすごかった。1日の集中力がいつもと全く違う。3-4時間なんも苦なく集中して作業に取り組むことができた。また、やはりミスも格段に減り、あらゆることに対して、いつもの脳死状態の対応ではなく、頭を回してあらゆることに対応できた。私この一件から睡眠時間は非常に大事だと考えるようになった。 睡眠時間をしっかりととることによって日々の生活の質が格段に向上することがわかった。この生活の質の向上は他人からの自分の評価の向上にもつながると考えている。日々の生活の質の向上は自分のあらゆることのクオリティーを上昇させていると考えている。他人から自分への評価は様々なことの積み重ねが多いと感じている。ポジティブな印象を与えようとするほど積み重ねが大事だと感じている。だからこそ睡眠をしっかりととることが大事だと感じている。 大きく変わった1年

  特にこの1年、自分は今までとは異なる環境で生活している。自分は学生だが研究室に所属して研究を日々行う毎日に変わった。これまで送ってきた学生生活とはかなり様変わりした日々を送っている。周りの人も変わった。自分という人間を詳しく知らない人が周囲に多くいる状況が増えた。私研究室に通っていつも感じていたことがあった。【眠い】いつもそう感じていた。眠いを感じない日は2~3日あったかどうかだ。そんな毎日を送っていたため今年度1年間の私の評価はだだ下がりだった。何をしてもしょうもないミスをするミスの代名詞みたいなやつだった。来年度からは後輩が6人も入ってくる。先輩としての威厳を保つためにもミスをしないように気を付けていこうと思っている。何事も脳死状態で取り組まず、頭を使って行動していくつもりだ。私が睡眠時間について口酸っぱく話していたがもちろん1年間で睡眠時間を奪われる明確な原因が多くあった。 バイト

今年1年、バイトに翻弄されたといっても過言ではないと思っている。お金がほしい。。お金がほしい。学生にとっては大きなお金かもしれないが、社会人になってしまえば大したお金ではなくなるような額のお金のために時間を割き過ぎたと考えている。もちろん、バイトで要求されることが増えたことも要因の一つではあるが確実にバイトに時間を割き過ぎたと考えている。夜遅くまでバイトをしたことによって次の日の朝、起きることがつらくなることがざらにあった。時には寝坊もしてしまった。夜遅くまでバイトしたことによって1番頑張らなければい研究に支障が出てしまっていた。やはり、バイトを深夜まで行ったことによるり睡眠時間が大きく削られてしまったことが大きな原因だと考えている。短い睡眠時間に溜まった疲労。最悪の組み合わせだった。来年度からはバイトをやめるか、土曜日の週1のみにするかしてバイトの割合を減らす予定だ。 まとめ

睡眠時間をしっかりととることは日々のクオリティーを大幅に向上と考えている。 そしてひびのクオリティーをことは最終的に自分にポジティブな影響を与えてくれると考えている。これからは睡眠時間をを多くとることはもちろん睡眠の質にもこだわっていきたいと考えている。  

名古屋

3月28日から~30日の期間で神奈川県から名古屋までロードバイクで行ってきた。人生初の一人ロングライドだ。過去にロードバイクで広島、青森、富山など様々なとこに行ったことがあるが今回は一人である。実に寂しかった。話し相手がいないことはやはり厳しいものがあった。今回のルートは箱根を超えて静岡市で1泊し、そこから名古屋まで行くプランを組んでいた。1日目朝の8時に出発する予定が寝坊して朝の11時に出発になってしまった。Googleマップの調子が悪く実質12時スタートになってしまった。一度だけ熱海ルートで静岡市まで行ったことはあった。この時なぜ、熱海ルートを採用したかというと箱根の坂がものすごく「やばい」と聞いていたためだ。完全にひよった。しかし熱海ルートにしたため距離が25kmほど長くなり必ずしもいいことばかりではなかった。なんなら熱海ルートも坂に関しては充分やばかった。登ろうとすると傾斜がきつすぎて前輪が浮いてしまい歩いたシーンがよくあった。今回は名古屋まで340kmもあるため少しでも距離を短くしたかったため渋々箱根ルートを採用した。箱根についたのは夕方の15時だった。ここまでは予定通りだった。ここから2時間かけて山を越える予定だったが入山前にパラパラと雨が舞ってきた。もうとてつもなく萎えた。輪行するか割と迷ったが初の一人旅なのであまり甘えたくなかったので輪行せずに入山した。とてつもなく登った。いつまで続くんだこの坂はと思いながら登った。軽く下り坂が入ったりして坂が終わったかと歓喜したりしたがまだまだ登った。てっぺんはなかなか見えなかった。そして降っていた雨が上に登るにつれて雪に変わった。絶望した。たまたま近くに道の駅があったため入ることにした。おそらく家族で経営しているっぽかった。ここでアメリカ人旅行者と出会い、少々お話した。拙い英語で頑張りました。聞くはできても話すが上手くできない。日本人あるあるですね。そうこうしているうちに頼んでいた味噌おでんがきた。おでんなのになんとこんにゃくしか入ってなくて少し驚いた。味は美味しかった。雪が降る寒い中、あったかいお茶と味噌おでんをふるまってくれて感謝感激です。この道の駅に入ったのがだいたい16時半でした。道の駅は17時までとのこと休憩なしで歩いたり自転車で漕いだりしていたので17時まで雨宿り兼、休憩をすることにしました。まーこの時、外を見ている感じ雪がやむ気配は0でした。なんなら積りそうじゃないか。しかも周りに電車の駅はなく、バスしかない。バスは静岡とは逆方向なのでとても乗るわけにはいかない。頑張り時でした。道の駅のスタッフさん全員に応援、激励されながら出発することに。この時静岡市まで約100km。 続く

bali

先日バリ島に卒業力で行ってきました。バリ島には3年生の10月に学校をサボって1週間旅行に行ったことがあるので今回で2回目になります。今回は前回と違い、雨期になるため急なスコールが予想されていたり、レンボンガン島で1日アクティビティーをやる日に雨が降らないかとても不安でした。1日目は成田から、韓国のインチョン空港を経由してバリ島に行くという日程でした。集合は11時に成田空港第一ターミナルに集合でしたが、自分は水着を買うミッションがあるため、みんなよりも3時間早い8時半に成田空港に到着しました。三愛水着で迷うこと約1時間、9000円の水着と2000円のインナーを購入しました。水着たけぇ。空港で買ったのに免税にならず少し悔しかったです。前まで持っていた水着が3000円くらいのものだったのでだいぶ高い買い物をしたなーといった感じです。 水着を買って暇を持て余していました。何か食べようにも、朝に賞味期限がぎりぎりの食材をで作った野菜炒めえと米、1合を食べてしまったため、お腹が減っていませんでした。お寿司が食べたい気分でしたが。しばらくすると、みんなが着いて集合しました。しかし、いつも遅れないはずの友人が一人来ません。寝坊したとのことでした。前日に朝の6時まで飲んでいたらしいです。自分も前日にバイトの飲み会がありましたが1次会でさよならしました。何とか1時間遅れで友人が着き、無事にチェックインしました。飛行機の席も無事にみんなで固まるようにとることができ良かったです。おひる後はを買う時間が無かったためみんなコンビニ購入し飛行機で食べることにしました。自分は大好きなサラダチキンを2つとおにぎりを2つ購入しました。ゲートでグダグダご飯を食べながら搭乗時刻を待ちました。毎回空港に着て思うことは空港って楽しいですね。いろんなブランドのお店がたくさんあるため見ているだけでなんだかワクワクします。そんなこんで飛行機に乗り込みました。飛行機の中ではシンゴジラを見ました。なかなか面白かったです。自分のゴジラ映画に対する印象はゴジラと他のでかい怪獣が戦うイメージとても強かったのですがシンゴジラゴジラvs人って感じがとても強く、またゴジラ以外の怪獣も出てこなくてよかったです。また今回は政府の動きや、人間関係もとてもよく描かれており、よりリアルで良かったかなと感じている。成田からインチョン空港へのフライトは2時間のためぎりぎりシンゴジラを最後まで観ることができなかった。少し、残念だった。インチョン空港では50分ほどでの乗り継ぎだったため少し大変だった。特に問題なく乗り継ぐことができた。そこでインチョン空港というか韓国について思ったことは全然外国の感じがしないということ。自分が海外旅行で観光に行くことはないだろうと思った。別に韓国が嫌いというわけではない。むしろ少し好きだ、中国よりも断然好きだ。韓国からバリのフライトは8時間だった。非常に長かった。最初は全力でテトリスをやって時間を潰していた。機内で1番になった。おそらくやっている人が少なかった。この素晴らしい世界に祝副をやプラスチックメモリーズを見たりして時間を潰していた。

鎌倉

昨日は大学の自転車部の活動の一環で鎌倉までロードバイクで行ってきました。なんとこの自転車部、4年生の12月に入部した部活です笑 他の学科の3年生が中心になって活動していますがまだ部員が少なく入りやく、かつとても歓迎的なムードだったため入部を決めました。競技をやるというよりかは自転車を使ってどこかに行くといったことがメインになっています。活動も月に数回であるため研究で忙しい生活を送る4年生でも活動に参加しやすいです。

今回なせ鎌倉に行ったかというと部員の一人がロードバイクを購入し、その部員を地元である鎌倉まで無事に送り届けるためです。 集合は昼の14時過ぎくらい。自分は学校にヘルメットを忘れてくるという致命的なミスを犯しました。時速30km以上を常時出して走るのがロードバイクです。ロードバイクをヘルメットなしで乗ることがどれくらい危険かというと原付をヘルメットなしで乗るのと同じくらい危ないです。車体が脆い分原付よりも危険化もしれません。ヘルメットなしで乗るわけにも行きませんので近くの自転車屋さんで急きょヘルメットを購入しました。せっかくなので今、持っているヘルメットよりも高いくて質が良いものを選びました。少し悔しい出費ですが学校に忘れたヘルメットは新しくロードバイクを始める人にお安く譲ろうかなと思ってます。

そんなドタバタ劇があったためお昼ご飯も食べすに集合場所に向かい遅れることなく集合できました。自転車部の方とは友人を除けば初めて一緒に走る方が多く、どれくらい速いのかどれくらい体力があるのか全くわかりませんでした。自分も決して速く、体力があるわけではないので出しゃばらずだらだらと最後尾から2番目をずっとおしゃべりしながら走っていました。ロードバイクに乗ったのは2週間ぶりくらいですが、しっかりとした装備で長距離のライドに臨むのは5月ぶりなので非常に久しぶりで不安も多くありましたが何とか余力を残しながら走ることができました。